自立支援医療制度

自立支援医療制度とは・・・

精神科の病気で、継続的に精神医療(通院医療)を受ける方が、公費によって医療費の補助を受けることができる制度です。

この制度を利用すると、かかった医療費の10%が自己負担となり、残りは公費でまかなわれます。

自己負担額は、世帯の所得区分やその方の疾病、世帯の所得状況によって、月々の負担上限額が設定されます。(診察代、薬代、デイケア料金を含んだ支払上限額は2,500円~20,000円です。)

対象者

精神疾患を有し、通院による精神医療を継続的に要する方が、自立した日常生活または社会生活を営むために必要な医療を指定医療機関で受けられます。

当クリニックは、自立支援指定医療機関です。

※詳細はスタッフにお尋ねください。

コメントは停止中です。